初節句とは!?

初節句とは、生後初めて迎える節句のことです!
赤ちゃんの無事な成長を祝い、今後の健やかな成長と厄除けを願う行事ですね♪

五節句

1月7日・・・人日:七草 → 七草粥
3月3日・・・人巳:桃、よぼぎ → 甘酒
5月5日・・・端午:菖蒲 → 柏餅、ちまき
7月7日・・・七夕:竹、瓜 → そうめん
9月9日・・・重陽:菊 → 菊酒

桃の節句♪

3月3日。上巳の日(じょうしのひ)、ひな祭りともいいます!女子の節句ですね。

 

ひな祭りは五節句の一つで、
昔は、邪気を祓うために、その季節の生き生きした旬の植物を食して、その力を自分の体に取り入れる意味があったようです!それが桃の節句とも言われる所以です♪

 

ひな祭りの菱餅で、緑は「よもぎ」で健康を、赤は「桃や紅花」で魔除けを、白は清浄を表しているようですよ!

 

【真多呂人形のメールマガジンより抜粋】


3月3日は、上巳の日(じょうしのひ)
五節句の一つなので大切に過ごしたい日です。

 

平安時代、
桃の節句の前身である「上巳の節句」の日には、薬草をつみ、その薬草で体のけがれを祓い、健康と厄除けを願ってました。
この行事が、後に紙の着せかえ人形遊びである「ひいな遊び」と融合され、その後、自分の災厄の身代わりとなる紙人形を川に流す「流し雛」へと発展しました。

 

室町時代になると、
紙の雛ではなく、豪華なお雛さまを飾るようになり、宮中で盛大にお祝いするようになりました。
その行事が宮中から武家社会へと広がり、さらに裕福な商家や名主の家庭へと広がり、今の雛祭りへとなりました。

 

雛祭りは、女の子の厄除けと健康祈願のお祝いとしての行事ですので、大切なお祭りとして、お七夜やお宮参りと同じく女の子の健やかな成長を願う大切な行事となって来たのです。

雛人形を贈るのは、母方の実家から!

昔からの慣習となっていますが、近年は、少子化の影響もあってか!?両家の実家が相談されて負担されることが多くなってきているようですね♪
ご家族で相談されて決めればよろしいかと思います(^-^)

 

当サイト管理人も子供が生まれて、そんな習わしがあったのを知りました(^^;

端午の節句♪

5月5日。端午の節句は、江戸時代以降、男子の節句となりました。

 

男の子場合、五月人形を贈る習わしの決まりは特にないようです!

 

しかし、お爺ちゃんお婆ちゃんにとっては、かけがいのないお孫さんに何か贈り物をしたいと思う気持ちは押さえられないでしょうね!?
有り難いですね!感謝感謝(^-^)/

端午の初節句のお祝い膳

柏餅とちまき

「縁起の良い日」一覧(2016年版)

『一粒万倍日』

一粒の籾が万倍にも実る稲穂となる意味から、物事を始めるには大変縁起の良い日と言われています。
逆に苦労を負う日にすると、苦労が万倍にもなるので、注意をしなければなりません。

2016年の雛祭り・五月人形購入に向けての『一粒万倍日』は、下記の通りです。

 

1月22日(金)
1月31日(日)

 

2月3日(水)
2月6日(土)
2月13日(土)
2月18日(木) 大安
2月25日(木)

 

3月1日(火)  大安
3月9日(水)
3月16日(水)
3月21日(月)
3月28日(月)

 

4月2日(土)
4月12日(火)
4月15日(金) 大安
4月24日(日)
4月27日(水) 大安

『大安・友引』

一粒万倍日と重複しますが、2016年前半の大安・友引の日もご案内します。

1月24日 友引
1月27日 大安
1月30日 友引

 

2月2日  大安
2月5日  友引
2月9日  友引
2月12日  大安
2月15日  友引
2月18日  大安
2月21日  友引
2月24日  大安
2月27日  友引

『天赦日』

天赦日は、年に数日しかなく、物事を始める時にはとても良い日とされています。
大安・友引より更に強力な日です!

ご参考までに、今年のこの強力な日は、6日。

 

2月26日

 

4月26日

 

5月12日

 

7月11日

 

9月23日

 

12月8日